宮城県考古学会 The ARCHAEOLOGICAL SOCIETY OF MIYAGI PREFECTURE
 宮城県の考古学情報
 全国の考古学情報
 
 学会からのお知らせ
 連絡紙WEB版
 総会・研究発表会
  遺跡調査成果発表会
 研究部会
 
 会誌『宮城考古学』
 図書頒布・PDF公開
 活動報告
 
 入会案内
 投稿案内
 会則・細則
 
 リンク
 
 メール
 
 
 累計 アクセス
 今日  昨日
 
 

 
 著作権・リンク・免責事項
  ©2012 宮城県考古学会
 宮城県考古学会は、宮城県を中心とする考古学の調査研究の発展と普及を図り、会員相互の親睦を深めることを目的として1998年に設立されました。年1回の総会・研究発表会、宮城県遺跡調査成果発表会の開催と、会誌『宮城考古学』の刊行、年3回の「連絡紙」の発行のほか、各研究部会が活動しています。
 このホームページでは、会員および考古学研究者・愛好者の皆さまへ宮城県の考古学情報と宮城県考古学会からのお知らせを提供します。
<お知らせ> 「大地からの伝言-宮城の災害考古学-」の頒布について
 宮城県考古学会では、宮城の遺跡に埋もれた自然災害の痕跡を広く一般の方にわかりやすくお知らせする『大地からの伝言 宮城の災害考古学』を刊行しました。このたび、一般頒布を行ないますので、ご案内いたします。 >>>詳細情報
大地からの伝言
-宮城の災害考古学-
地震・噴火・津波・洪水・・・
大地に刻まれた災害メッセージを読み解く
津波や洪水に襲われた水田,
火山灰をかぶった畑…
発掘で明かされた自然災害
わかりやすく解説!!
A4版 57ページ フルカラー
販売価格:500円
【ご購入方法の詳細はこちらをご覧ください】
宮城県の考古学情報 >>>詳細情報
公開シンポジウム どこまでわかる「食の考古学」 その理論と実践
 3月2日(木)・3日(金) 東北大学川内キャンパス
熊谷公男先生御退任記念 仙台古代史懇話会特別例会のご案内
 3月11日(土) 仙台市戦災復興記念館(青葉区)
七ヶ浜町歴史資料館開館30周年記念記念グッズ販売のお知らせ
 「縄文土器と文様のマスキングテープ」 10月1日から資料館にて販売(限定400個)
情報をお寄せください。 メール
全国の考古学情報 >>>詳細情報
平成28年度パネル展「縄文の人体文土器とその世界」
 3月7日(火)~3月31日(金) 岩手県滝沢市埋蔵文化財センター
情報をお寄せください。 メール
<研究部会> 古墳・古代研究部会 特別講演会        >>>詳細情報
 3月4日(土) 東北学院大学土樋キャンパス ホーイ記念館内考古学実習室
 演題 「中国古代帝王陵の変遷及び中日古代墳墓の関連性について」
 講師 東北学院大学大学院客員教授 劉振東先生
 (中国社会科学院考古研究所研究員、同西安研究室副主任、漢長安城考古隊隊長)
<活動報告> 平成28年度宮城県遺跡調査成果発表会
 2016年12月11日(日) 東北歴史博物館 講堂で開催しました >>>開催報告
 「発表要旨集」を頒布しています >>>図書頒布
<図書頒布> 在庫状況について更新しました
 会誌「宮城考古学」第4号は在庫切れ、第10号は残部僅少です >>>詳細情報
<連絡紙> 第68号を発行しました
 11月23日付で発送しています。届いていない会員の方はご連絡ください。 >>>WEB版
<活動報告> 2016年度総会・研究発表会
 5月15日(日)仙台市博物館にて開催しました >>>開催報告
<お知らせ> 第10期(2016・2017年度)役員名簿
 2016年度総会で承認された第10期役員名簿について >>>詳細情報
<会誌> 『宮城考古学』 第18号を発行しました
会員の皆様へ発送しています。住所変更があった方は事務局あてご連絡ください。
A4判 182頁 頒価2,500円(送料別) >>>目次詳細 >>>購入方法
特集1 東日本大震災の記録(5)-2015年度-(藤沢敦・及川規・天野順陽/論文/海峡を渡った押型紋土器-北の日計式押型紋-(岡本東三)/東北地方の縄文時代晩期前半における岩版の生と性(鹿又善隆)/律令国家形成期の陸奥国柴田・苅田地方-蔵王町円田盆地の遺跡群の検討を中心に-(鈴木雅)/陸奥国府域における掘立柱廂付建物の特質(高橋透)/交差点からみた多賀城の方格地割(齋藤和機)/東日本大震災津波と貞観津波における浸水域に関する調査-多賀城下とその周辺を中心として-(相原淳一・高橋守克・柳澤和明)/宮城県二迫川流域の中世城館(3)(佐藤信行・小山文好)/研究ノート/縄文時代の蔵王東麓における黒曜石利用-谷地遺跡ほか出土黒曜石の原産地推定から-(鈴木雅・佐々木繁喜)/宮城発掘物語/歴史を掘り起こす(志間泰治・相原淳一)ほか
<お願い> 連絡先住所等の変更について
 連絡先住所等に変更があった方は事務局あてご連絡ください。
<お知らせ>
栗原市入の沢遺跡の保存問題に関する新聞記事掲載について(紹介)
 11月3日付け河北新報に、入の沢遺跡についての記事が掲載されました。本学会では、栗原市長による入の沢遺跡保存の決断を高く評価いたします。>>>詳細情報
<お知らせ>
栗原市入の沢遺跡の保存問題に関する新聞記事掲載について(紹介)
9月3日付け朝日新聞に、入の沢遺跡についての記事が掲載されました。なお同記事では、山元町合戦原遺跡の状況についても取り上げられています。>>>詳細情報
<お知らせ> 栗原市入の沢遺跡の保存に関する要望書の提出について
 宮城県栗原市入の沢遺跡は、国道4号線築館バイパス工事に伴い昨年度に宮城県教育委員会により発掘調査が行われ、古墳時代前期の防御性の高い集落であり、きわめて保存状態が良好で重要な遺跡であることが判明しました。宮城県考古学会は、入の沢遺跡の学術的重要性に鑑み、遺跡保存の要望書を関係機関に平成27年6月18日付けで提出しました。>>>詳細情報
<お知らせ> 東日本大震災に関わる被災会員への会誌再配布について
 宮城県考古学会では、東日本大震災の被災により以前配布された会誌が使用できなくなったという会員の方に対し、必要とされる号の会誌を再配布します。 >>>詳細情報