宮城県考古学会 The ARCHAEOLOGICAL SOCIETY OF MIYAGI PREFECTURE
 宮城県の考古学情報
 全国の考古学情報
 
 学会からのお知らせ
 連絡紙WEB版
 総会・研究発表会
 遺跡調査成果発表会
 研究部会
 
 
 会誌『宮城考古学』
 図書頒布・PDF公開
 活動報告
 
 入会案内
 投稿案内
 会則・細則
 
 リンク
 
 メール
 
 
 累計 アクセス
 今日  昨日
 
 

 
 著作権・リンク・免責事項
  ©2012 宮城県考古学会
 宮城県考古学会は、宮城県を中心とする考古学の調査研究の発展と普及を図り、会員相互の親睦を深めることを目的として1998年に設立されました。年1回の総会・研究発表会、宮城県遺跡調査成果発表会の開催と、会誌『宮城考古学』の刊行、年3回の「連絡紙」の発行のほか、各研究部会が活動しています。
 このホームページでは、会員および考古学研究者・愛好者の皆さまへ宮城県の考古学情報と宮城県考古学会からのお知らせを提供します。
このたびの台風19号により、被害を受けられました会員ならびに関係者の方々、関係諸機関の皆様に、心からお見舞い申し上げます。皆様のご安否、文化財の被災状況、ご要望など、学会事務局( E-mail info@m-kouko.net 、FAX 022-795-6073)へお寄せ下さるようお願いいたします。
<お知らせ> 令和元年度宮城県遺跡調査成果発表を開催します
令和元年度宮城県遺跡調査成果発表会を以下の日程で開催します。県内の最新の発掘調査成果に触れることができる貴重な機会ですので、皆様ぜひ御参集ください。
《日時》令和元年12月14日(土) 10:00~16:30
《会場》仙台市博物館ホール  ※入場無料(資料代別途)・参加申し込み不要
《内容》口頭発表9件、資料発表12件   >>>詳細案内
<お知らせ> 2020年度宮城県考古学会総会・研究発表会の開催予定について
 2020年度宮城県考古学会総会・研究発表会は2020年5月16日(土)に仙台市内で開催予定です。研究発表会での会員の皆様の研究発表を募集します。また、あわせてポスターセッションについても募集いたします。   >>>詳細情報
<連絡紙> 第77号を発送しました
 11月17日付で会員の皆様へ発送しています。 >>>連絡紙WEB版
 届いていない方、住所変更があった方は事務局あてご連絡ください。
<研究部会> 阿武隈水系研究会 研究集会を開催します
 12月15日(日) 白石市中央公民館 (一般参加も可) >>>詳細情報
<研究部会> 旧石器部会(宮城旧石器研究会) 【活動報告】第37回例会
 加美町薬莱山麓遺跡群に関連する石材等調査を行ないました >>>詳細情報
出前授業・講座のご案内
過去の自然災害に関する考古学的な
研究成果を分かりやすくお話します。
入会のご案内
県内の発掘調査成果や考古学研究の
最前線に触れてみませんか。
「宮城の旧石器時代遺跡」
A4版 116ページ フルカラー
販売価格:1,000円
【ご購入方法】
「大地からの伝言 宮城の災害考古学」
A4版 57ページ フルカラー
販売価格:500円
【ご購入方法】
<図書頒布> 『宮城考古学』 第21号(最新号)
 A4判 208頁 頒価2,500円(送料別) >>>目次詳細 >>>購入方法
特集1 宮城県考古学会創立20周年記念事業/記念公演「宮城県考古学会設立への歩み」 (白鳥 良一)/特集2 東日本大震災の記録(8)-2018年度-/2018年度宮城県考古学会東日本大震災対策特別委員会活動報告(藤沢 敦)/平成30年度の復興事業に伴う埋蔵文化財発掘調査について(豊村 幸宏)/論文/東北地方における北陸系弥生土器の模倣について(相澤 清利)/古代陸奥国府多賀城周辺の人々-高崎・西沢・小沢原遺跡の検討から-(齋藤 和機)/9世紀後半の須恵器坏における技術変化-「コテ状工具」に関する実験的研究-(舘内 魁生)/多賀城の木製食器(櫻井 友梓)/伊治公呰麻呂の乱と東北政策の転換(吉田 修太郎)/気仙沼松川地区の赤岩城跡・中館跡・月館城跡について1( 熊谷 満)/天正十六年大崎合戦の舞台-鳴瀬川中流域の中世城館-(佐藤 信行)/研究ノート/伊治城跡から出土した黒曜石製石器の原産地推定(佐々木 繁喜・安達 訓仁)/加美町薬莱山麓の旧石器遺跡(5)―薬莱山№8遺跡(2)-(宮城旧石器研究会)/長根窯跡群A地点1号窯出土須恵器の再評価(高橋 透)/資料紹介/瑞巌寺周辺の五輪塔(2)法身窟内採集資料について(森田 義史)/展望/東日本大震災による被災文化財等の復旧・復興への取り組みを振り返って(佐久間 光平)/博物館紹介/山元町歴史民俗資料館の紹介-展示室リニューアルと合戦原遺跡線刻壁画の移設・公開について-(山田 隆博)/活動報告/2018年度宮城県考古学会活動報告(菅野 智則)/旧石器部会(宮城旧石器研究会)活動報告(佐久間 光平)中近世部会活動報告(森田 義史)
<図書頒布> 会誌「宮城考古学」第5~15号ほかの価格改定について
 刊行から年数が経過したものについて大幅に価格を引き下げております。残部僅少となっているものもありますので、この機会にどうぞお求めください。 >>>詳細情報
会誌「宮城考古学」
 第5~9号(1,500円→500円)、第10~15号(2,500円→1,000円
「遺跡調査成果発表会」発表要旨集
 H23~H25年度(500円→100円
<お知らせ> 宮城県考古学会刊行物の店頭での取り扱いについて
 宮城県考古学会刊行物の一部については、東北歴史博物館および仙台市博物館の各ミュージアムショップでも取り扱っております。ぜひ店頭にてお手に取っていただき、ご利用いただきますようご案内申し上げます。 >>>詳細情報
宮城県の考古学情報 >>>詳細情報
蔵王町文化財講演会「宮城県南部の古墳文化と円田盆地」
12月7日(土) 蔵王町ふるさと文化会館 ※古墳の見学会も同日開催
東北大学歴史遺産マップの公開について
東北大学 各キャンパス内の様々な歴史的痕跡を紹介しています。
東北歴史博物館開館20周年記念・
宮城県多賀城跡調査研究所設立50周年記念特別展
「蝦夷-古代エミシと律令国家-」
9月21日(土)~11月24日(日) 東北歴史博物館

蝦夷講座(全5回) 蝦夷研究者による講座
多賀城講座(全6回) 多賀城跡調査研究所職員による多賀城を学ぶ講座
『古代東北の地域像と城柵』刊行のお知らせ
熊谷公男編 (高志書院、3月15日刊行)
大木囲貝塚国史跡指定50周年記念企画展「大木式土器の世界」
展示図録 増刷出来! 通信販売可(企画展は終了) 七ヶ浜町歴史資料館
常設展リニューアルオープン・線刻壁画公開開始
山元町歴史民俗資料館
河北選書「南三陸の山城と石塔」
―東日本大震災後の調査でわかったこと― 刊行のおしらせ
「東日本大震災による被災文化財等の復旧・復興の記録(中間報告)」
宮城県教育委員会より刊行され、PDFが公開されています。
情報をお寄せください。 メール
全国の考古学情報 >>>詳細情報
令和元年度 埋蔵文化財講座
「蝦夷の赤い土器―湯舟沢遺跡出土赤彩球胴甕のルーツを探る!―」
令和元年12月7日(土)  滝沢市埋蔵文化財センター (岩手県滝沢市)
日本文化人類学会、公開シンポジウム
「アイヌ民族と博物館―文化人類学からの問いかけ」
令和2年1月26日(日) 法政大学市ヶ谷キャンパス(東京都千代田区)
縄文時代文化研究会30周年記念シンポジウム
「縄文時代葬墓制研究の現段階」
12月7日(土)・8日(日) 日本大学文理学部(東京都世田谷区)
第33回 東北日本の旧石器文化を語る会 秋田大会
12月21日(土)・22日(日) 中央市民サービスセンター(秋田県秋田市)
奈良文化財研究所による“3D Bone Atlas Database”の公開について
ヒト、イヌ、イノシシなどの哺乳類の主要な骨格部位を立体的に閲覧可能
情報をお寄せください。 メール
<研究部会> 中近世部会 【活動報告】遺物見学会
 丸森町大古町遺跡出土のかわらけの検討と意見交換を行ないました >>>詳細情報
<会誌> 『宮城考古学』 第21号を発送しました
 5月11日付で会員の皆様へ発送しています。
 届いていない方、住所変更があった方は事務局あてご連絡ください。
<活動報告> 2019年度総会・研究発表会を開催しました
        (特集 『東北南部の中期古墳を考える』)
 5月11日(土)東北学院大学ホーイ記念館地階(仙台市青葉区)にて開催しました(開催案内)。たくさんの皆様のご参加をいただきありがとうございました。
>>>開催報告
<活動報告> 平成30年度宮城県遺跡調査成果発表会
平成30年12月8日(土)、東北歴史博物館にて開催しました。たくさんの皆様のご参加をいただきありがとうございました。 >>>開催報告
<お知らせ> 第11期(2018・2019年度)役員名簿
 2018年度総会で承認された第11期役員名簿について >>>詳細情報
<お知らせ> 栗原市入の沢遺跡の国史跡指定について
 本会にて保存を要望してきた栗原市入の沢遺跡について、国の文化審議会は、同遺跡を史跡として指定するよう文部科学大臣に答申しました。 >>>詳細情報
<お願い> 連絡先住所等の変更について
 連絡先住所等に変更があった方は事務局あてご連絡ください。