宮城県考古学会 The ARCHAEOLOGICAL SOCIETY OF MIYAGI PREFECTURE
 宮城県の考古学情報
 全国の考古学情報
 
 学会からのお知らせ
 連絡紙WEB版
 総会・研究発表会
 遺跡調査成果発表会
 研究部会
 
 
 会誌『宮城考古学』
 図書頒布・PDF公開
 活動報告
 
 入会案内
 投稿案内
 会則・細則
 
 リンク
 
 メール
 
 
 累計 アクセス
 今日  昨日
 
 

 
 著作権・リンク・免責事項
  ©2012 宮城県考古学会
 宮城県考古学会は、宮城県を中心とする考古学の調査研究の発展と普及を図り、会員相互の親睦を深めることを目的として1998年に設立されました。年1回の総会・研究発表会、宮城県遺跡調査成果発表会の開催と、会誌『宮城考古学』の刊行、年3回の「連絡紙」の発行のほか、各研究部会が活動しています。
 このホームページでは、会員および考古学研究者・愛好者の皆さまへ宮城県の考古学情報と宮城県考古学会からのお知らせを提供します。
<図書頒布> 『宮城考古学』 第22号(最新号)
 A4判 304頁 頒価2,500円(送料別) >>>目次詳細 >>>購入方法
特集1 東北南部の中期古墳を考える(辻 秀人・相川 ひとみ・鈴木 舞香・横山 舞・髙橋 伶奈・菊地 芳朗・沢 敦・奈良 貴史)/特集2 東日本大震災の記録(9)-2019年度-(藤沢 敦・吉野 武)/論文/完全非破壊化学分析による宮城県地域の縄文時代磨製石斧および石製装身具の石材研究(飯塚 義之・小野 章太郎)/宮城県における古墳時代前期の古墳の研究-立地、墳形、規模による検討-(村上 裕次)/日本古代城柵の検討(4)-9世紀前葉に創建された城柵政庁の特質-(村田 晃一)/気仙沼市松川地区の赤岩城跡・中館跡・月館城跡について2(熊谷 満)/線刻五輪塔板碑―宮城県内の線刻塔形板碑を中心に―(佐藤 信行)/研究ノート/宮城県蔵王町明神裏遺跡出土のネフライト製磨製石斧ほか―宮地祐一氏・後藤勝彦氏収集資料から―(相原 淳一・飯塚 義之)/異なる機器による黒曜石製石器の蛍光X線分析(佐々木 繁喜)/資料紹介/瑞巌寺周辺の近世供養塔(1)法身窟内採集資料について(森田 義史)/岩沼市小川地区で採集した中世陶器について(武田 裕光・川又 隆央)/展望/熊本城跡災害復旧支援について(須貝慎吾・柳澤楓・関根章義)/多賀城創建1300年に向けた多賀城跡政庁南面地区の整備について(白崎 恵介)/多賀城南門復元計画の実現(髙倉 敏明)/活動報告/2019年度宮城県考古学会活動報告(菅野 智則)/宮城旧石器研究会(旧石器部会)活動報告(佐久間 光平)/縄文部会活動報告(菅野 智則)/中近世部会活動報告(森田 義史)/『大地からの伝言』等活用研究部会活動報告(佐藤 好一)/阿武隈水系研究部会活動報告(相原 淳一)
<会誌> 会員の皆様へ『宮城考古学』 第22号を発送しました
会員の皆様へ9月23日付で発送しました。まだ届いていない方、送付先住所等に変更のあった方は事務局あてご連絡ください。
<研究部会> 活動報告:第39回旧石器部会
2020年10月17日(土)に、東北大学考古学研究室の協力を得てオンライン上にて第39回例会を開催しました。 >>>詳細情報
<研究部会> 活動報告:第28回縄文部会
2020(令和2)年9月12日(土)に、石巻市内の文化財収蔵施設を会場とし、第28回例会を開催しました。 >>>詳細情報
宮城県の考古学情報 >>>詳細情報
宮城県多賀城跡調査研究所「多賀城講座」
11月7日(土) 「施釉陶磁器からみた多賀城」 講師:高橋透氏
11月14日(土) 「多賀城南門を復元する」 講師:白崎恵介氏
11月28日(土) 「大崎平野北縁に築かれた古代の防衛ライン」 講師:村上裕次氏
仙台市史講座「仙台の災害と資料レスキュー」
<第40回> 11月14日(土) 仙台市博物館 ホール(要申し込み)
 「大災害から歴史を救う ―被災史料レスキュー25年の歩み―」
 講師:川内淳史氏(東北大学災害科学国際研究所准教授)
<第41回> 11月21日(土) 仙台市博物館 ホール(要申し込み)
 「災害史と疫病 ─仙台藩の飢饉を例に─」
 講師:菊池勇夫氏(一関市博物館館長)
第30回企画展「多賀城碑が映す古代東北と北方世界」
10月3日(士)~12月20日(日) 多賀城市埋蔵文化財調査センター展示室
記念講演会「多賀城碑とその時代」
講師:平川南氏(人間文化研究機構機構長)・佐藤信氏(東京大学名誉教授)
10月24日(土〉 多賀城市民会館小ホール(要申し込み)
情報をお寄せください。 メール
全国の考古学情報 >>>詳細情報
岩手大学公開講座・滝沢市埋蔵文化財センター開館20周年記念講演会
「安倍・清原氏から奥州藤原氏へ」
11月2日(土) 岩手県滝沢市 ふるさと交流館ホール(要申し込み)
公開講座「結髪土偶立ち上がる!」
第1回「結髪土偶のふるさと」 11月7日(土)
 講師:大宮富善氏(寒河江市教育委員会生涯学習課歴史文化専門員)
第2回「動作連鎖からみた縄文土偶」 11月14日(土)
 講師:會田容弘氏(郡山女子大学短期大学部教授)
第3回「土偶とは何かー結髪土偶と縄文社会―」 11月28日(土)
 講師:白石哲也氏(山形大学学術研究院准教授)
会場:山形大学小白川キャンパスおよびオンライン開催(いずれも要予約)
結髪土偶の一般公開(事前予約制)
10月1日~:事前予約制、11月以降~:予約不要 山形大学附属博物館
「北海道の防災考古学
 -遺跡の発掘から見えてくる天災-」刊行のお知らせ
北海道の遺跡発掘調査で発見された「天災痕」122遺跡分を収録。各地で遺跡の調査を担当してきた執筆者たちが、北海道の天災の過去に迫った1冊です。
発行:「北海道の防災考古学」編集委員会
体裁:A5版 235頁 販売価格:2530円(税込)
情報をお寄せください。 メール
出前授業・講座のご案内
過去の自然災害に関する考古学的な
研究成果を分かりやすくお話します。
入会のご案内
県内の発掘調査成果や考古学研究の
最前線に触れてみませんか。
「宮城の旧石器時代遺跡」
A4版 116ページ フルカラー
販売価格:1,000円
【ご購入方法】
「大地からの伝言 宮城の災害考古学」
A4版 57ページ フルカラー
販売価格:500円
【ご購入方法】
<お知らせ> 宮城県考古学会刊行物の店頭での取り扱いについて
 宮城県考古学会刊行物の一部については、東北歴史博物館および仙台市博物館の各ミュージアムショップでも取り扱っております。ぜひ店頭にてお手に取っていただき、ご利用いただきますようご案内申し上げます。>>>詳細情報
<連絡紙> 第79号を発行しました
会員の皆様へ8月1日付で発送しました。まだ届いていない方、送付先住所等に変更のあった方は事務局あてご連絡ください。>>>連絡紙WEB版
<お知らせ> 第12期(2020・2021年度)役員名簿について
2020年度は宮城県考古学会の役員改選時期になっております。2020年度総会で承認された、第12期(2020・2021年度)の役員名簿についてお知らせいたします。 >>>詳細情報
<お知らせ> 令和元年度宮城県遺跡調査成果発表を開催しました
令和元年12月14日(土)、仙台市博物館ホールにおいて令和元年度宮城県遺跡調査成果発表会を開催しました (開催案内)。当日は多くの皆様にご参加いただきありがとうございました。>>>活動報告
これまでのお知らせ
<研究部会> 活動報告:縄文部会 第27回例会 >>>詳細情報
<研究部会> 活動報告:旧石器部会 第38回例会 >>>詳細情報
<連絡紙> 会員の皆様へ第78号を発送しました(4/26) >>>連絡紙WEB版
<研究部会> 活動報告:縄文部会 第26回例会 >>>詳細情報
<研究部会> 活動報告:中近世部会 第2回勉強会 >>>詳細情報
<研究部会> 活動報告:「大地からの伝言」等活用研究部会 >>>詳細情報
<研究部会>活動報告:旧石器部会 第37回例会(石材調査) >>>詳細情報
<会誌> 会員の皆様へ『宮城考古学』 第21号を発送しました(5/11)
<図書頒布> 会誌 第5~15号ほかの価格改定について >>>詳細情報
<活動報告> 2019年度総会・研究発表会を開催しました >>>開催報告
<お知らせ> 栗原市入の沢遺跡の国史跡指定について >>>詳細情報
<お願い> 連絡先住所等に変更があった方は事務局あてご連絡下さい。