宮城県考古学会 The ARCHAEOLOGICAL SOCIETY OF MIYAGI PREFECTURE
 宮城県の考古学情報
 全国の考古学情報
 
 学会からのお知らせ
 連絡紙WEB版
 総会・研究発表会
 遺跡調査成果発表会
 研究部会
 
 会誌『宮城考古学』
 図書頒布・PDF公開
 活動報告
 
 入会案内
 投稿案内
 会則・細則
 
 リンク
 
 メール
 
 
 累計 アクセス
 今日  昨日
 
 

 
 著作権・リンク・免責事項
  ©2012 宮城県考古学会
 宮城県考古学会は、宮城県を中心とする考古学の調査研究の発展と普及を図り、会員相互の親睦を深めることを目的として1998年に設立されました。年1回の総会・研究発表会、宮城県遺跡調査成果発表会の開催と、会誌『宮城考古学』の刊行、年3回の「連絡紙」の発行のほか、各研究部会が活動しています。
 このホームページでは、会員および考古学研究者・愛好者の皆さまへ宮城県の考古学情報と宮城県考古学会からのお知らせを提供します。
<お知らせ> 「大地からの伝言-宮城の災害考古学-」の頒布について
 宮城県考古学会では、宮城の遺跡に埋もれた自然災害の痕跡を広く一般の方にわかりやすくお知らせする『大地からの伝言 宮城の災害考古学』を刊行しました。このたび、一般頒布を行ないますので、ご案内いたします。 >>>詳細情報
大地からの伝言
-宮城の災害考古学-
地震・噴火・津波・洪水・・・
大地に刻まれた災害メッセージを読み解く
津波や洪水に襲われた水田,
火山灰をかぶった畑…
発掘で明かされた自然災害
わかりやすく解説!!
A4版 57ページ フルカラー
販売価格:500円
【ご購入方法の詳細はこちらをご覧ください】
宮城県の考古学情報 >>>詳細情報
特別展「七ヶ宿ダム湖に沈んだ小梁川・大梁川遺跡展」
 4月25日(火)~6月25日(日) 七ヶ宿町水と歴史の館 特別展示室
特別展「世界遺産ラスコー展~クロマニョン人が残した洞窟壁画~」
 3月25日(土)~5月28日(日) 東北歴史博物館(多賀城市)
七ヶ浜町歴史資料館開館30周年記念記念グッズ販売のお知らせ
 「縄文土器と文様のマスキングテープ」 10月1日から資料館にて販売(限定400個)
情報をお寄せください。 メール
全国の考古学情報 >>>詳細情報
情報をお寄せください。 メール
<研究部会> 宮城旧石器研究会第31回例会
 7月8日(土) 午後1時~ 東北大学考古学研究室(川内南キャンパス内)
 内容 「日本の旧石器時代遺跡」データベース更新ワークショップ >>>詳細情報
<会誌> 『宮城考古学』 第19号を発行しました
会員の皆様へ発送しています。住所変更があった方は事務局あてご連絡ください。
A4判 262頁 頒価2,500円(送料別) >>>目次詳細 >>>購入方法
特集1 東日本大震災の記録(6)-2016年度-/2016年度宮城県考古学会東日本大震災対策特別委員会活動報告(藤沢 敦)/平成28年度宮城県における被災文化財等保全活動-文化財レスキュー6年目、宮城県被災文化財等保全連絡会議の解散-(及川 規)/平成28年度の復興事業に伴う埋蔵文化財発掘調査について(天野 順陽)/特集2 南三陸地域の中世社会-新井田館跡を中心に-/南三陸町新井田館跡の発掘調査成果(村上 裕次)/宮城県内の城館から見た新井田館跡の位置付け(佐藤 信行)/南三陸町朝日館跡と板碑・城館跡分布からみた新井田館跡(田中 則和)/中世本吉・気仙地域の論点-歴史学の立場から-(覚書)(七海 雅人)/論文/津軽海峡を渡った旧石器(佐久間 光平)/資源利用からみた三陸地方南部の縄文時代前・中期の生業形態(松崎 哲也)/宮城県の古人骨(中川 寧)/陸奥における古墳時代後期から奈良時代の高坏(1)-宮城県のスカシ付高坏を中心に-(佐藤 敏幸・大久保 弥生)/多賀城城下とその周辺におけるイベント堆積物(相原 淳一)/南三陸町域における板碑・城館跡の概要(田中 則和)/梵字変形五輪塔所刻の板碑-宮城県大和町玉ヶ池板碑を中心に-(佐藤 信行)/畿内系火鉢の初期拡散-王ノ壇遺跡出土火鉢の再検討-(新田 和央)/東北帝国大学法文学部における考古学研究の黎明-奥羽史料調査部による戦前の考古学資料蒐集活動-(川口 亮)/研究ノート/加美町薬莱山麓の旧石器遺跡(4)-薬莱山№8遺跡(1)-(宮城旧石器研究会)/陸奥国分寺の中世の五輪塔-三次元写真計測による復元と、五輪塔の造営背景-(及川 謙作)/資料紹介/村田町下ノ内囲古墳の円筒埴輪(石黒 伸一朗)/展望/日本考古学協会「東日本大震災対策特別委員会の活動報告」(髙倉 敏明)/惜別/後藤勝彦先生のご逝去を悼んで(髙橋 守克)/早坂春一先生のご逝去を悼んで(髙倉 敏明)
<活動報告> 平成29年度 総会・研究発表会を開催しました
 2017年5月14日(日) 東北歴史博物館 講堂で開催しました
<連絡紙> 第69号を発行しました
 4月29日付で発送しています。届いていない会員の方はご連絡ください。 >>>WEB版
<活動報告> 平成28年度宮城県遺跡調査成果発表会
 2016年12月11日(日) 東北歴史博物館 講堂で開催しました >>>開催報告
 「発表要旨集」を頒布しています >>>図書頒布
<図書頒布> 在庫状況について更新しました
 会誌「宮城考古学」第4号は在庫切れ、第10号は残部僅少です >>>詳細情報
<活動報告> 2016年度総会・研究発表会
 5月15日(日)仙台市博物館にて開催しました >>>開催報告
<お知らせ> 第10期(2016・2017年度)役員名簿
 2016年度総会で承認された第10期役員名簿について >>>詳細情報
<お願い> 連絡先住所等の変更について
 連絡先住所等に変更があった方は事務局あてご連絡ください。
<お知らせ>
栗原市入の沢遺跡の保存問題に関する新聞記事掲載について(紹介)
 11月3日付け河北新報に、入の沢遺跡についての記事が掲載されました。本学会では、栗原市長による入の沢遺跡保存の決断を高く評価いたします。>>>詳細情報
<お知らせ>
栗原市入の沢遺跡の保存問題に関する新聞記事掲載について(紹介)
9月3日付け朝日新聞に、入の沢遺跡についての記事が掲載されました。なお同記事では、山元町合戦原遺跡の状況についても取り上げられています。>>>詳細情報
<お知らせ> 栗原市入の沢遺跡の保存に関する要望書の提出について
 宮城県栗原市入の沢遺跡は、国道4号線築館バイパス工事に伴い昨年度に宮城県教育委員会により発掘調査が行われ、古墳時代前期の防御性の高い集落であり、きわめて保存状態が良好で重要な遺跡であることが判明しました。宮城県考古学会は、入の沢遺跡の学術的重要性に鑑み、遺跡保存の要望書を関係機関に平成27年6月18日付けで提出しました。>>>詳細情報
<お知らせ> 東日本大震災に関わる被災会員への会誌再配布について
 宮城県考古学会では、東日本大震災の被災により以前配布された会誌が使用できなくなったという会員の方に対し、必要とされる号の会誌を再配布します。 >>>詳細情報